査定はお車の状態を確認するのは、もちろんどのように使われてきたかも含めて判断させていただきます。
もちろん汚れだけでは、査定には影響はありませんが、査定員も人間です。
大事に乗られてきたお車は、気持ちプラスになる事も珍しくありません。 査定前の洗車は高額査定をGETする為には必ず行ってください。
意外と気づかないのですがトランクなども整理整頓しているだけでかなり印象が違ってきます。

キズ凹みは修理代以上に評価される事はありません。逆に修理中の費用や修理期間で査定価格が下がってしまう事もあります。
現状でついているキズや凹みが、すべてマイナス要素になるとは限りません。本当に綺麗に直すには修理代もかかりますし、少しだからとタッチペンなどで補修もかえってキズを目出せる事もあります
査定ではその車種の経過年数や人気度などトータルな要素で中古車市場における価値を判断しますので、まずはそのまま査定を受けていただく事をお薦めいたします。
ただし買取り後大きな修理が必要なキズや凹みは、なかなか再販が難しいと判断された場合は直してからの方が高額査定を狙えるかもしれません。

査定する時になって修理箇所についてたずねてみると「あっそういえば」とお返事を頂くことがあります。
査定士はその道のプロですからきちんと確認すればわかります。お客様からの正確な情報は高額査定を引き出すポイントとなります。
情報がないと過剰な修理減点をしてしまう事があります。 
自分でわかる範囲の事故歴・修復歴は査定前にお伝えする事をおすすめいたします。

社外パーツなどを外す事はできるだけ控えてください。社外パーツなどはとても高額査定を狙えるポイントです。
仮にパーツ外して個々にバラ売りをしても実際お車に装備してのトータルバランスが評価された場合の方が高額査定の場合が多々あります。
評価が外した場合とそうでない場合でも、取り外しの工賃やその他の手間を考えてもお薦めはできません。

保証書・整備記録簿は今まで実施された整備などが記載されています。
例えれば保証書・整備記録簿は車の履歴書みたいな物です。面接時に履歴書をもっていかない人はいませんよね。
査定も同じです。保証書・整備記録簿有り・なしでは査定金額は、まったく異なります。

査定時にいざアピールポイントを伝えようとしてもなかなか全てを伝える事は難しいものです。
オプションや社外パーツなどはできるだけ、メモにまとめていただき査定時に、表示してください。
アピールポイントが多ければ多いほど査定員もプラス査定をしてくれるはずです。

高額査定を狙うポイントは当たり前ですが「お車のコンディションです」大切にされていたお車は誰が見ても気持ちのいいお車です。
コンディションを評価するポイントをご紹介いたします。日頃のお手入れでかなり変わってくる箇所もあります。是非参考にしてください。

外装

ボディの状態 ボディはあたりまえですが洗車です。
普段まったく洗車をしないで査定当日に洗車をしても、水アカや鉄粉などそう簡単には落ちません。日頃からの洗車・ワックスをしていれば、 本来の輝きはキープできるはずです。 またポリマー加工などで塗装をコーティングして守る事もオススメです。
最近は色々コーティングもありますが、特に濃い色のお車はコーティングをオススメいたします。

カギ穴周辺
最近ではキーレスがほとんどのお車に装備されカギ穴周辺のキズはあまり見られませんが、 ドアノブのあたりなどはドアの開け閉めなどでとてもキズがつきやすい箇所でもあります。
そのキズはコンパウンドなどで大体はおちます。しかしキズをそのままにしておくとキズから汚れが入り磨いても落ちなくなる事もあります。
ご注意ください。

とび石など
走行すればどうしてもできてしまうのが前方車輌から飛んでくる小石いわゆる飛び石です。
この飛び石もなにもしないといずれ錆びをおこします。
タッチペンなどで補修してください。
また飛び石でついたフロントガラスのキズはなるべく早く補修・交換してください。
ガラス表面がかけている場合は被害は最小限ですが、ヒビが入っている場合にはすぐに補修・交換してください。
ヒビはあっと言うまに全体に広がります。

内装

焦げあと タバコを吸う方はご注意ください。タバコの灰によるシートの穴は修復が困難でマイナス査定です。
たった1本がタバコ1カートン以上の損になる事も珍しくありません。
臭い やはりタバコの影響による一番の被害は車内の臭いです。ここ最近かなりマイナスポイントとして重視されています。
こびりついた臭いはなかなか落ちません。 煙によるヤニの付着も内装にはおおきな打撃をあたえます。
またタバコだけではなくペットの臭いや抜け毛などにも気をつけてください。芳香剤の使いすぎにもご注意を。
やはり臭いもすぐに何とかできる事ではありません。
日頃のお手入れオススメ致します。

社外パーツなどへ交換した場合そうしても邪魔になってしまうのが純正部品。
しかし後々必ずと言ってもいいほど必要になってきます。
車を購入する方好みはそれぞれです。
色々な好みに対応できる方が高額査定を狙えます。

中古車は新車とは違い、なま物と言われています。
Newモデルやマイナーチェンジなど新車の発表などで市場の相場が左右されます。
中にはNewモデルの噂だけで市場に変化がある車種もあります。もちろん季節なども関係はしてきますし、中古車市場の売れ行きで今月は高額査定がでても次の月には下がってしまうなんて事も珍しくありません。
時期も大切ですが、実際にお車をお乗り頂いていれば走行距離プラスしますし、時間の経過により値落ちは致します。
値落ちと売却時期は旨くタイミングがあえばいいのですが、実際は少しでも高く売るなら「今すぐ」が正解な場合が多いです。
また次の車が決まらないと買い替えができないという方は、とりあえず査定だけでもうけてください。愛車の現在の価値を知って今後の計画をしっかり立ててください。

もちろん社外パーツは付いてるとプラス評価になります。
特に現在では60%~70%の割合で装備されているナビゲーションシステムは、プラスポイントです。
またキセノンライトなども人気パーツの1つです。
その他前期モデルを後期モデルに変更するライトチューニングなども低予算でそれ以上の評価が期待できる場合もあります。

保証書や取扱説明書は必ず保管しておいてください。
意外に失くしてしまうのがナビゲーションなどの取扱説明書です。現在のシステムはとても充実していて取扱説明書がなければとても使いこなす事ができません。純正品・社外品ともに車内などで保管してください。

お車の車検が迫っていたり、すでに車検が切れている場合でも無理に車検を通すことはありません。
売却時に車検を取ったばかりでも実際に車検時にかかった費用を上回る事はほとんどありません。
売却前には車検はとらず、お早めのご売却をオススメ致します。

内装・外装を問わず穴を空けるボディ加工を必要とする取付はご注意ください。
特に外装関係は水漏れや錆びなどの原因になります。経験のあるSHOPでの取付をオススメいたします。
後付けサンルーフなどはルーフに穴を空ける事で修復歴車になる事があります。

車輌の年齢判断ともいえる走行距離を表すメーターですが、故障などで交換をする場合、かならずディーラーで行い、記録簿に
履歴を残してください。
履歴が残っていないと、走行不明車となりお車の価値は大きく下がります。

社外品装着はもちろん大丈夫です。装着時のオススメポイントは・・・。

社外パーツ取付時に純正品は保存しておいてください

市場に流通した場合取り付けた社外品がプラスに評価されるとは限りません。
部品によっては、次に購入される方が純正品を選択できる場合もあります。
純正品は必ずとっておいてください。

付いてるとうれしい社外品

現在約60%~70%の割合で装備されているナビゲーションシステムは、特にプラスポイントの社外品です。
またキセノンライトなども人気パーツの1つです。

ご相談ください

売却時に高価査定を狙えるドレスアップにもあります。
例えば前期モデルを後期モデルに変更していたりする事は見た目ももちろん良くなりますし、パーツによっては低予算でそれ以上の評価が期待できる場合もあります。ご相談ください。

板金加工をともなう修理は売却が前提なら基本的にやらない方がいいです。
実際に修理代の方が査定額の差額より高くなる事がほとんどです。
修理するべきか悩まれたら、専任の査定士にご相談ください。
きっといいアドバイスが出てくるはずです。

車検切れ・不動車・事故車など買取りは基本的には可能です。まずはお車の状況を詳しくお伝えください。
実際にお客様が事故車と思っていても、いわゆる「修復歴車」にあたらない場合もあって、意外に高額査定を受ける事もあります。

小さなキズなどは必ず付き物です。ツメのひっかからない位の小さなキズならば、ワックスやコンパウンドで磨くと驚くほどわからなくなる事があります。しかし、そのままにしておくとそこから錆びてきたりなど、小さなキズが大きなキズになりかねません。
洗車時などにこまめにチェックして手入れしてください。